プログレス表示の方法について書きなおしています。以下を参照ください。

コンソールでプログレス表示(アニメーション)(3)

作成:

エスケープシーケンスによるスクリーン制御の利用

エスケープシーケンスと呼ばれるスクリーン制御用のコードを利用して画面表示を行う方法を説明します。 今確認したところどうやら、 Windows 2000 のコマンドプロンプトではこれは使えないようです(Cygwin のコンソールなら OK)。 MS-DOS プロンプトや Linux の kterm などでは使えるようですが・・・ ここまでくると、システムコールとか使わないといけないような気もしますがとりあえずやってみましょう。
エスケープシーケンスについては第6回エスケープシーケンスを参照してください。

#include <stdio.h>
#include <time.h>

void hoge();

main(){
  int i,j;
  int times=1000;

  setbuf(stdout,NULL);

  printf("0%%       50%%       100%%\n");
  printf("+---------+---------+\n");
  for(i=0;i<times;i++){
  /* 適当な処理 */
    hoge();
    if(i%(times/20)==times/20-1){
  /* プログレスバーの表示 */
      for(j=0;j<(i+1)/(times/20)+1;j++)
        printf("#");
  /* キャリッジリターンを利用して先頭にカーソルを移動 */
      printf("\r");
    }
    if(i%(times/100)==times/100-1){
  /* ラインフィードを使ってカーソルを下へ持っていく、 */
  /* エスケープシーケンスでは表示されていない領域へは */
  /* カーソルを移動できないから                       */
      printf("\n");
  /* パーセンテージを表示する */
      printf("%3.1d %%\n",i/(times/100)+1);
  /* エスケープシーケンスをつかってカーソルを上に持っていく */
      printf("\x1b[2A");
    }

  }
  /* 終了する前にカーソルを下に持っていく */
  printf("\x1b[2B");
}
/*適当な処理をする関数、
いい表現方法が思い浮かばなかったんですんません*/
void hoge(){
  clock_t t;

  /* 時間待ち開始 */
  t = clock() + CLOCKS_PER_SEC/20;
  while(t>clock());
  /* 時間待ち終了 */
}

+---------+---------+の次の行の1文字目に常にカーソルがあるようにして、 違う周期で変化するプログレスバーとパーセンテージ表示を同時に表示できるようにしています。
これを実行すると、

0%       50%       100%
+---------+---------+

0%

という風に表示されます。(JavaScriptによって表現しています)



2399924 Today: 51 Yesterday: 1248
Twitter
広告